i's memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 日記:7日―夜のボトルシアター。

<<   作成日時 : 2006/10/08 09:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 どうもここのところ少しいらいらしていたようで、良くなかったです。天気の所為かな…。いやはや、お恥ずかしい話です。迷惑かけたひとゴメン。

 10月7日、土曜。
 何故か昼〜夕方の記憶がありません。寝てたのかな。ああ、部屋を片付けていたのかな?
 昼前くらいに、ボトルシアターに電話をしたら、「今夜いらっしゃい」と言ってくださったのでまんまと参上してまいりました。話が早いったら。
 ボトルシアターは3回目、最後に伺ったのは半年以上前になると思います。外でたびたび博士にお会いしている所為か、そんなに間が空いた気はしませんでしたが―伺ってみると、シアターの壁に使われている鉄道の枕木の匂いが懐かしく、ああ久々なんだと思いました。おまけに夜のシアターは初めて。暗めの照明に照らされたびんたちは、息をひそめているようでまた魅力的でした。
 シアターのドアを開けていただく前に見えた一瞬の光景がとてもきれいだったので、帰りがけ博士にお願いをして再現していただきました。シアター外のライトを消して、中だけつけると、窓に置かれたびんを通して光が漏れて、まるでシアターじたいが大きなライトみたいになります。窓近くの白いトタンにびんの影が落ちて、とても幻想的でした。
画像 画像

 シアターでは、びんを少々拝見して、博士の新曲を拝聴して、何を見込まれたものか僭越ながら歌詞の推敲に口を出させていただいたりしました。
 私が博士の「暗めの歌」(私にはよく分からないのですが、そういう評価らしいです)の好きなのを覚えていてくださって、「おまじない」を歌ってくださいました。やるせない孤独のような、でも希望もあるみたいな感じがとても好きです。あと、ラッタッター陽気に踊りながら…という曲も歌ってくださいました。曲名なんだったかな。これも私、とても好きなのです。
 あと積もる話などして、さあどうやって生きていきましょうかという話をして帰ってまいりました。けっこう何ヶ月も「行きたいなー」と思っていたので、シアターに伺えてよかったです。やっぱり博士と話すならばシアターがいちばんです。
 月を撮って、廃墟を撮って、夜中に開いている雑貨屋さんに寄って帰宅しました。安全にさえ気をつけていれば、夜の散歩は実に良いものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日記:7日―夜のボトルシアター。 i's memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる